秋の京都 ・晩秋洛東パワースポット巡り『大本山清浄華院』

 清浄な華の台を望むという意味をもつ「大本山清浄華院」は、浄土宗の七大本山や京都四箇本山の一山。

 清和天皇の叡願により860年頃、京都御所の構内に建造され、御祈願などの清浄の業を精勤したと云われます。

 こちらも有名寺院で、よく文献などにも顔を出します。

 皇族の陵墓や、幕末「猿が辻」猿ヶ辻で暗殺された「姉小路公知」、戦国時代の公家で、信長などとの交渉役「山科言継」、江戸中期の茶人「町田秋波」などの墓がある事でも有名です。

 f:id:jotoyumekoi:20210104202653j:plain

f:id:jotoyumekoi:20210104202832j:plain

「泣不動縁起」絵巻(重文)が有り、不動堂には約3mの不動明王坐像が安置して有りました。f:id:jotoyumekoi:20210104202713j:plain

不動明王坐像。f:id:jotoyumekoi:20210104202702j:plain

f:id:jotoyumekoi:20210104202725j:plain

本堂。f:id:jotoyumekoi:20210104202736j:plain

NHK大河ドラマ篤姫」祖母の供養塔だそうです。f:id:jotoyumekoi:20210104202747j:plain

1788年3月、京都を襲った「天明の大火災」の犠牲者の供養塔です。f:id:jotoyumekoi:20210104202800j:plain

f:id:jotoyumekoi:20210104202812j:plain

f:id:jotoyumekoi:20210104202821j:plain

皇族専用のお留門。f:id:jotoyumekoi:20210104202843j:plain

寺町通りから河原町通りまである境内、河原町通り側の山門。f:id:jotoyumekoi:20210104202852j:plain