下京区高辻・道元禅師示寂の地

 京都市下京区高辻に来たついで、何時もの様に散策。

 ここ高辻通にも成徳中学校以外に見所は一杯、下京区高辻通西洞院入この地は曹洞宗の開祖・道元禅師示寂の地

 示寂とは菩薩や高僧が亡くなること入滅とも言い、病に伏した道元は療養のためこの地に在った俗弟子・覚念の屋敷を訪れ、この地で亡くなったとされ遺骸は東山赤辻で荼毘に付され遺骨は永平寺に持ち帰られたと言われます。

 この地の斜め前の若宮通りを少し入った処に親鸞上人入滅の地とも言われる高円寺が有りますが、今回はパス。

 f:id:jotoyumekoi:20190507233133j:plain

駒札。f:id:jotoyumekoi:20190507233122j:plain

道元の書と云われる「正法眼蔵」の一節を記した駒札が建てられています。f:id:jotoyumekoi:20190507233146j:plain