浜大津『大津城跡』

 滋賀県で企画された「 ❝ 暮らしの宝湖 ❞ 琵琶湖と暮らしを訪ねるエクスカーションツアー」に参加の途中で、今は大津港と言うそうですが琵琶湖畔の浜大津

 一連の「関ケ原の戦い」中「大津城攻防戦」で有名な水城。

  江戸時代の絵図などに依ると、本丸は琵琶湖中に島の様に浮かび陸側に三重の堀を巡らせた水城で、東西約700m、南北約600mに及び琵琶湖水運の要に相応しい規模だったようです。

 築城年が1586年、明智氏が1582年滅亡後その居城であった坂本城を廃城にしその資材などを用いて豊臣秀吉の命により浅野長政が新たに築城、関が原戦後徳川家康に依り廃城とされ戦禍を免れた建物は膳所城や彦根城に移築されたとされます。

 

大津港f:id:jotoyumekoi:20200822002034j:plain

京阪・琵琶湖浜大津駅から琵琶湖に向かって陸橋を下りたところ。f:id:jotoyumekoi:20200822002048j:plain

f:id:jotoyumekoi:20200822002102j:plain

琵琶湖岸モニュメントの手前辺りが本丸跡。f:id:jotoyumekoi:20200822002113j:plain