堀川通 西陣会館・西陣と村雲御所跡 碑

 晴明神社を後に同行者が京都市営地下鉄鞍馬口駅まで行くと言うので堀川通を北に室町・花の御所辺りを烏丸通りに向かぅ途中、晴明神社から元誓願寺通を挟んだ北隣、堀川通で「西陣会館」。

 西は七本松通、東は堀川通、北は今宮神社御旅所、南は一条通または中立売通で囲む一帯を西陣と言い、ちょうど歩いてきた所です。

 村雲御所とは、自刃した豊臣秀次を追善するため秀次の母・瑞竜院日秀尼が嵯峨の村雲に建立した瑞竜寺、江戸時代に現在地西陣に移転、日蓮宗寺院唯一の門跡寺院であったため「村雲御所」と呼ばれ、その瑞竜寺跡の石碑。

 瑞竜寺は1961年 秀次ゆかりの八幡山城址に移され、そちらも村雲御所とも呼ぶようで今ではそちらの方がよく知られています。

 f:id:jotoyumekoi:20200101045631j:plain