俵屋吉富『京菓子資料館・龍宝館』

 烏丸通今出川通上立売通を超えた処に、昨年の「京都新春十二支パワースポット巡り」の折には表を通り過ぎた俵屋吉富の「京菓子資料館」が有ります。

 俵屋吉富に代々伝わる菓子作りの資料などを展示する京菓子の資料館、1月2日から常設展「和菓子のあゆみ」を展示中。

 併設の俵屋吉富お菓子付きお茶席「祥雲軒」は有料700円ですが、クーポン提示で500円優待(期間限定)が有り、入館自体は無料なので一度ゆっくりして見たいと日頃思ってます。

 f:id:jotoyumekoi:20191104030223j:plain

f:id:jotoyumekoi:20191104030235j:plain

受付。
左がお呈茶席「祥雲軒」。f:id:jotoyumekoi:20191104030126j:plain

京菓子資料館。
館内展示品撮影禁止なので写真はここまで。f:id:jotoyumekoi:20191104030248j:plain

京菓子資料館階エレベーター横に休憩室。f:id:jotoyumekoi:20191104030310j:plain

休憩室展示品。f:id:jotoyumekoi:20191104030258j:plain

エレベータ扉に俵の紋章。f:id:jotoyumekoi:20191104030324j:plain

中庭、「金閣寺」から拝受した梅の古木。f:id:jotoyumekoi:20191104030157j:plain

中庭。f:id:jotoyumekoi:20191104030209j:plain