室町通・富岡鐵斎邸跡

 室町通を一条通が過ぎたあたり「富岡鐵斎邸跡」

 普通に歩いてると通り過ぎてしまいそうな日本家屋ですが、「最後の文人」と言われ明治,大正期の儒学者であり日本画家であった富岡鐵斎が1882年から亡くなる1924年までここで住まいし数々の大作を描いた邸宅です。

 自らを画家ではなく儒学者と称し「自分は意味のない絵は描かない」「自分の絵を見るときは、まず賛文を読んでくれ」と言い続けたのが「最後の文人」と伝わる所以とも言えますが、この邸宅は最近まで「京都府議会公舎」とされて居て、現在は未利用で南に隣接する京都府公館・京都府計量検定所を含めた活用案を一昨年から昨年度末を期日に「サウンディング型市場調査」が実施され土地及び建物の有効活用が検討されて居ます。

 京都府のサウンディング型市場調査実施要綱の京都府イメージ三案の中には保存活用以外に取り壊し活用も一案とされてるので、実施結果を受けての具体的な利活用の方向性が気に成ります。

 f:id:jotoyumekoi:20191104042620j:plain

f:id:jotoyumekoi:20191104042606j:plain

京都府議会公舎」の表札はそのままでも現在は「元京都府議会公舎」。f:id:jotoyumekoi:20191104042632j:plain

f:id:jotoyumekoi:20191104042645j:plain