沖向地蔵尊

 大阪メトロ・天六駅の東、都島通から旧葭原通を少し南に入った所に「沖向地蔵尊」。

 由来書きに、

 西暦645年大化の改新が行われ、都が難波長柄豊崎に移され、色々の改革が着々と進んでいた頃、行基菩薩 (668-749)は大阪の南から北にかけて七カ所の墓地を作り、大阪七墓と称された。
 そのうちの1つが天満葭原のこの地の墓地であった。
 こののち法然(1133-1212)によって開かれた浄土宗ではこの墓地を守るため西の坊というお寺を建立した。
 その当時この付近は大阪湾の海岸線に近く、葭(葦)の生い茂る地帯で、この通りも昭和の末期(1980-1990)までは葭原(吉原)通りと呼ばれていた。
 このお寺にこの地蔵尊 阿弥陀如来勢至菩薩が併祀された。
 その後海岸線は土砂も堆積し、近代は盛んに埋め立てもされ、建物も多く建って、現在ではとても海は見えないが、当時はお地蔵様の正面、西の方に海を見渡すことが出来たので、沖向地蔵尊と呼ばれるようになった由である。

 

 由来書きに寄ると、12世紀から13世紀頃はこの辺りまで大阪湾の海岸線近く葭の生い茂る湿地帯だったそうで、西向き東向きなど名称で方位を指す地蔵尊は各地に見られますが、沖向きと云う名称の地蔵尊は此処位では無いでしょうか。

 由来書きの続きでは、その後幾多の変遷を経てもこの堂宇は残り続け、老朽化のため平成15年(2003)に北隣の診療所の新築に合わせて建て替えられたと記されていて、その霊験の灼たかさが伺え地域住民から今でも信仰を集めている様が良く理解できるお地蔵さんです。

 

御詠歌額と寄進者名札。

左隣の診療所と同時に建て替えられました。

今昔館・特別展『商都大坂の豪商・加島屋 あきない町家くらし』

 大阪くらし今昔館の特別展「商都大坂の豪商・加島屋 あきない町家くらし」です。

 展示全体は以下の四章に纏められていて、

  第一章 商都大坂の金融市場と加島屋
  第二章 住まい再現ー加島屋本宅
  第三章 数奇とその精華ー加島屋家宝
  第四章 加島屋廣岡家の近代

 今昔館が入居してるのが「大阪市立住まいのミュージアム」と有って、第二章の「住まいの再現」が一番充実していて建築図面なども多数が展示され、歴史と事業業績の展示が中心だった 2013年堂島の大同生命保険本社ビルでの「創業110周年記念特別展」とは、種を異にしていて建物歴史好きには喜ばれそうな内容に成ってます。

 しかし三連休の中日で気候も良い事からか団体も複数入館されてる様で、館内はコロナ禍以前の様な賑わいが再現されて、久しぶりの事で個人的には少し戸惑い気味で、連休明け最終日の月曜日にでも再訪しようかなと思ってます。

 

展示場は撮影禁止で写真は此処まで。

図録などが販売されています。

第26回 NHKハート展

 「NHKハート展」は、障碍のある人がつづった詩の展覧会。

 「ともに生きる社会」の実現を目指して1994年より開催されていて、巡回展示されてる「NHKハート展」は、NHK大阪放送局 アトリウムでは9月19日(月・祝)まで展示。

 この後10月21日(金)からはNHK神戸放送局 トアステーションにて展示されます。

 

ピースおおさか『刻の庭(ときのにわ)』

戦後60年にあたる2005年8月、ピースおおさか中庭に「刻の庭」と名付けられた「大阪空襲死没者を追悼し平和を祈念する場」が完成。

 中央の慰霊塔には、お名前の判明し掲載許可を頂いた9143名(2022年3月31日)の大阪空襲戦没者名が刻まれています。

 完成してから2回のリニューアルで壁面のタイル面が追加、また一部の展示物が撤去されましたが、平和を願う人々の思いは今も変わらず伝え続けられてます。

 

戦没者名を記した銘板に刻まれた「平和のメッセンジャー」の「ウミガメ」。

「命の尊さ」を意味する「母子像」。

1万5千名の子供達の平和への思いが記されたタイルで飾られた壁面。

大阪大空襲の数と同じ8個の鐘と「平和を象徴する鳥」。

西隆寺・塔跡

 昨年の平城宮跡歴史公園での「ツバメの塒入り」観察の折、目印のみずほ銀行西大寺支店が移転していて気が付かず見落としていた「西隆寺・塔跡」の見学。

 大和西大寺駅から矢田奈良線を少し東に行った所、三井住友信託銀行手前隣の移転した旧みずほ銀行横の通路を奥に行くと旧みずほ銀行ビルの裏手に石碑と案内板が有りましたが、旧みずほ銀行ビル敷地内だったらしく関係者以外立ち入り禁止に成ってて案内板が読めるまで近付けません。

 この辺り一帯は、称徳天皇孝徳天皇)の勅願で建立された西隆寺旧境内の一部で版築という工法で作られた建築基壇の上に三重塔(推定)が建っていたと言う様な内容が、案内板には記されています。

 

関係者以外立ち入り禁止です。

通路の奥に遺跡。

立命館大学『大阪いばらきキャンパス』

 7年ぶりに「立命館大学・大阪いばらきキャンパス」に来てます。

 

ガーデニングエリア。

今日は此処のセミナーに参加します。

フューチャープラザ2階「ギャラリー R-AGORA」地域連携室前の茨木市ジオラマ

「ギャラリー R-AGORA」片隅に置かれてる大阪いばらきキャンパスのジオラマ

7月26日は模擬原子爆弾『パンプキン』が大阪に投下された日

 77年前の7月26日、テニアン島を飛び立った509混成群団のB29一機が大阪上空に侵入、午前9時26分一発の大型爆弾を投下、死者7名 重軽傷者73名 罹災者1645名 倒壊家屋多数の被害出したこの爆弾、当初は AN-M66 通称1トン(2000ポンド)爆弾と思われていましたが、終戦から45年後米軍の公文書公開で長崎に投下されたプルトニウム原子爆弾「ファットマン」の投下訓練に使われた模擬原爆「パンプキン」(約4.5トン)だと判明、しかも1945年7月下旬から8月に掛けて本州、四国の18都府県に計49発の「模擬原爆」を投下、死者は400人を超え1200人以上が負傷という大きな被害を出し、終戦後のテニアン島の原爆基地には模擬原爆「パンプキン」が66発残っていたそうです。

 先日訪問した「ピースおおさか」の展示を見てこの記事書いてますが、「ピースおおさか」の開館が1989年、田辺に投下された爆弾が模擬原爆と判明したのが1991年だったので「大阪空襲を語り継ぐ」のがコンセプトの施設なんで、展示の見直しで慌てたのが想像出来ますね。

 写真の「模擬原子爆弾投下跡地之碑」は2012年2月の撮影で、2019年5月末に投下地跡の少し南に移転されてて現在とは背景が少し違っています。

 

左は長崎に投下されたプルトニウム原子爆弾「ファットマン」。
右が模擬原爆「パンプキン」(ピースおおさか)。

「ピースおおさか」の展示。

「ピースおおさか」の展示。

「原爆模擬弾(5トン爆弾)投下」。
20メートル近くの破裂穴、中から首や手足の無い遺体。

「模擬原子爆弾投下跡地之碑」。
現在では、2019年5月末のマンション建設に伴い少し南の恩楽寺山門に移設されてます。

大津市歴史博物館で製作された実物大レプリカ。

「パンプキン」模擬原爆をテーマにした児童書

模擬原爆投下地周辺の地図。

特別展『ピースおおさか収蔵品展 2022』

 「ピースおおさか(大阪国際平和センター)」では、一連の特別展の中で2019年から前年度に寄贈された新収蔵資料を中心に収蔵品展が開催されてますが、この日は3か月会期「当時を伝える モノ言わぬ 語り部たち」の最終日、戻り梅雨の晴れ間、6月末の暑さが嘘の様な涼しさの中お昼過ぎに大阪城公園南の「ピースおおさか」へ。

 一応有料施設の為か、普段イベントが無いと入館者も余り見かけませんが、三連休の中日で曇り空の事遠出を避けたのか結構入館者を見かけた「ピースおおさか」です。

 展示されてる収蔵品に付いては、寄贈品と言う事で、太平洋戦争当時の故人の遺品(だと思う)も多々展示されていて、中学の頃引っ越した折、親父が切なそうに言葉を掛けながら処分していた自身が戦地から持ち帰った品々の中に似た様な物が有ったのを思い出し、何となく胸が熱く成って来てます。

 

メイド・イン・オキュパイドジャパン(占領下の日本)と入れられた、1952年までの日本輸出品の数々。

甲種幹部候補生の卒業証書と軍隊手帳。

「伝単」と言われた戦時下米軍機より撒かれたチラシと、日本赤十字社・栃木支部と記された従軍看護婦の雑嚢と写真。

慰問袋と木の実の水筒、右は軍隊手帳。

なぜか足踏み式のシンガーミシン。

千人力。男性が記入したそうです。

千人針。

国民服儀礼章は初めて見ました。