寿福山『仲源寺』

 四条通八坂神社参道・祇園商店街の中にある浄土宗の小さなお堂。

 開山は平安中期、本尊は地蔵菩薩、当初は四条橋東北に祀られたお地蔵さんで防鴨河使・中原為兼がこの地蔵尊に止雨を祈願したところ雨が止み洪水も収まった事から中原氏の姓に人と水を加え朝廷から「仲源寺」の寺号を賜り現在地に移ったとの謂れが有り、「雨止地蔵」とも呼ばれ何時の日か「目疾地蔵」とも呼ばれだし眼病に御利益有りのお地蔵さんとして信仰を集めてます。

 また、八坂神社 知恩院へのお詣り途中雨に会い、当寺以外雨宿り場所がなかった頃「雨止地蔵」とも呼ばれたとの謂れもある様です。

 毎年2月2日,3日の両日開かれる節分会で授与される「厄除開運起き上がりだるま」は節分限定アイテムで人気が有ります。

 ホントに小さなお堂ですが、本尊以外にも重文の千手観音像や阿弥陀如来像、瀬田の唐橋と同じ素材の大黒天などが祀られていて、来る時は何時も黄昏時で前を通るだけなんですが一度ゆっくりお詣りして見たいお堂です。

 

山門くぐって本堂前すぐ左は水子供養の「水掛地蔵」。f:id:jotoyumekoi:20200204174227j:plain

「雨奇晴好」の扁額が掛けられてます。f:id:jotoyumekoi:20200204174218j:plain