三条通り・中京郵便局(旧京都郵便電信局)

 京都文化博物館別館への道すがら中京郵便局、逓信省営繕課の吉井茂則・三橋四郎の設計で1902年に竣工した旧京都郵便電信局です。

 ネオルネッサンス様式赤レンガ造りの美しい外観は、昔の建物様式を残したまま中を改装する「外壁(ファザード)保存」という手法が使われた第一号として有名になりました。

 1976年に着工し3年後に内装だけを新築、近代洋式建築が点在する京都三条通の景観を損ねないように配慮され、京都市登録有形文化財に登録されています。

 ネオルネッサンス様式赤レンガ造りの美しい外観は、昔の建物様式を残したまま中を改装する「外壁(ファザード)保存」という手法が使われた第一号として有名になりました。

 1976年に着工し3年後に内装だけを新築、近代洋式建築が点在する京都三条通の景観を損ねないように配慮され、京都市登録有形文化財に登録されています。

 

東洞院通り側。f:id:jotoyumekoi:20190712143233j:plain

三条通近辺は、道が狭く車もよく通るので上手いアングルが取れません。f:id:jotoyumekoi:20190712143244j:plain

三条通り。手前が中京郵便局。奥の赤レンガが京都分亜博物館。f:id:jotoyumekoi:20190712143255j:plain