大坂東町奉行所址

 先日、初代大坂東町奉行・久貝正俊の菩提寺「正俊寺・久貝因幡守之墓所」を書きましたが、ならば大阪東町奉行所は何処にあったんでしょうか。

 大坂町奉行は、江戸幕府が江戸以外の幕府直轄領中重要な場所に置かれた行政職「遠国奉行」の一役で首座は長崎奉行

 大坂城京橋口に東西町奉行所が置かれ、1724年(享保9年)の大火で全焼後、西町奉行所は本町橋東詰に移されたが東町奉行所は京橋口に再建、ここの元与力であり陽明学者でもある大塩平八郎が1837年(天保8年)に起こしたのが大塩の乱、明治維新後は明治政府の外国事務局が置かれ数々の外交的難局を乗り切ってます。

 大坂東町奉行所址碑は、現在の大阪合同庁舎1号館の南面道路沿いに建立されてます。

 f:id:jotoyumekoi:20200201222732j:plain

正面に見えるのが大阪城乾櫓、右は府立大手前高校。f:id:jotoyumekoi:20200201222744j:plain

f:id:jotoyumekoi:20200401041031g:plain